フェイスブック


カレンダー

2017年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
定休日(土日祝日・年始)
2017年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     

実はあるんです、タッチパネルディスプレイ!超音波方式…とは?

おまっとさんでした、月曜日だよ! 梅ちゃんです!

頻繁に言っていますがゲームが大好きな僕。
昔のストリートファイター(初代)はボタンを叩く強さで技の威力が変わったなんて、
知ってる人はどれくらいいるんでしょうかね…。
※そもそも初代ストリートファイターは87年登場なので梅ちゃん生まれてません。
※福岡市の遊園地、かしいかえんのゲームセンターにあったそうです。
 まだあるんでしょうかね?

新しい家庭用ゲーム機が出たり、ゲームセンターなんかで新しい筐体を見たりすると
こんな事が出来るのか、これはどんな技術で出来ているんだ、と気になる人もいるはず。
仕組みを知れば完璧に理解せずとも、なるほどな、なんて思う事もありました。
しかし、僕はゲームではないとあるものがゲームっぽく見え、
これを使ったゲームがないのか、なんて思っていた事がありました。
それは「銀行のATM」! 元祖(ではない)タッチパネル画面!

てなわけで、今日ご紹介の商品は
タッチパネル・システムズ 19型TFT超音波方式タッチパネル
USB RS232Cコントローラ内蔵(コンボタイプ) ET1915L-8CJA-1-BG-G(※お取り寄せ品)
でございますー!!

あ、商品については「超音波方式」にご注目ください!
今回はどちらかと言えば「タッチパネル」に焦点を当てていきますよ。

今でこそタッチパネルは当たり前。タブレットもスマホもタッチパネル。
パソコンもゲームもタッチパネル。
スマホやニンテンドーDSなんかが出た時は、それはもうとんでもない進化だ!と
思ったのですが、それよりもかなり前からATMはタッチパネルだった気がする…。
となれば、タッチパネルが広く浸透し実用化されるのは遅いのでは?
最初は高かったにしても、大きくかさばっていたにしても割と多かったはずでは?

そう思いATMにタッチパネルが搭載されたのはいつからなのか調べてみましたが、
世界で一番最初に設置されたATMを考案、発明したのは
インド生まれのスコットランド人、ジョン・エイドリアン・シェパード=バロンという人だ、
という情報ばかり出てきたのでいったん中断。
(どうやら80年代半ばまではまだタッチパネルではなかったようです)

タッチパネルの動作原理として、まず「マトリックス・スイッチ」が出てきます。
これは縦横に電極スイッチが並んでおり、その面を触ると電極が反応して
どの部分を押したのかを判断する仕組みでした。
しかしこれは大雑把な検出しかできず、細かな操作が求められるものには不向きでした。

続いてマトリックス・スイッチに代わり「抵抗膜方式」が登場。
透明な電極を構成する金属の薄い膜は抵抗を持ち、
2枚あるうちの1枚に電圧をかけると、パネルを押して2枚目に触れた時に、
2枚目にも電圧が発生。その場所を判別して操作していく仕組みでした。
しかしこれは大きくなると精度が下がり、膜が2枚ある為画像の透明度が下がる、
という事で、今では安価な液晶デバイスなど限られたものに搭載。
小さい画面なら精度バッチリ!となるなら確かにこれでよさそう。

続いて透明度を解決するために出たのが「表面弾性波方式(超音波方式)」。
もうここまでくると必殺技かなんかの名前のようですね。
これは剛性の高いガラスなどの、基盤の複数の隅に圧電素子なるものを取り付け、振動波を発生。
パネルに触れると振動波に変化が起き、その変化や反射した振動波の時間などで
どこに触れたのかを判断される…と、なるほど、超音波のようなイメージ。
画像もクリアで長持ち、必ずしも指で押さなくてはならない、というわけでもなく、
大画面機器や公共端末に多用され、今日ご紹介のディスプレイにもこちらが採用。
ATMもこれなんでしょうかね。

ほかにも赤外線の光を遮断することで位置を出す「赤外線方式」や
専用電子ペンを使用する「電磁誘導方式」、スマホやタブレットに主に採用されている「静電容量方式」と、
歴史を辿ってみればああでもない、こうでもない、試行錯誤の末に新しいものができているとしみじみ。
あったら便利だろう、じゃあ作ってみよう!となる方達って本当に凄いですよね。

今でこそ当たり前に近くにある「タッチパネル」。
もちろん今日ご紹介の商品だけでなく、モニタ、2in1、タブレットと
アプライドネットで販売中の商品にも搭載されているものはたくさんございます!

静電容量方式(タブレット等)の1台をお探しのあなたも、
超音波方式ってかっこいい!と思ったあなたも!
タッチできるやつ、できないやつ(雑)でどうぞアプライドネットへおいでませ!

↓↓↓
購入ページへ

 

 

詳しく知りたくなった!という方はぜひ調べてみてくださいね!

梅ちゃんは読む楽しみと同じく、調べる楽しさも大事だと思ってますので!