Applied BTO

大学・官公庁・研究機関様向け

CERVO Calcul Type-TX9

CERVO Calcul Type-TX9 - ミドル・タワー型 HEDT 版 Core® X モデル


Windows® 10 Pro 64bit を標準採用

Windows® 10 Pro 64bit

「CERVO Calcul Typep-TX9」は、Windows® 10 Pro 64bit 搭載のミドル・タワー型 HEDT 版 Core® X モデルです。オプションで、Windows® 10 Home 64bit もご選択いただけます。

Windows® 10 はスタート メニューなど、Windows® 7 と共通する点が多く、すぐに慣れて簡単にご利用いただけます。起動と再開にかかる時間が短縮されているだけでなく、お客様の PC を絶えず保護するために、強固なセキュリティ機能が搭載されています。また、現在お使いのソフトウェアやハードウェアに対応するように配慮されています。


1)ドメイン参加
2)強化された暗号化
3)リモート接続
4)仮想マシン
5)専用アプリ
本モデルは、HEDT 版 インテル® Core™ X i9 プロセッサーを搭載しています。Windows® 10 Pro/Home 64bit のみの対応となり、Windows® 7 をご希望の場合は、「弊社営業窓口」までお問い合わせ下さい。

HEDT 版 オーバークロック対応
インテル® Core™ X i9 プロセッサー を標準採用

HEDT 版 インテル® Core™ X i9 プロセッサー

開発コードネーム Skylake X と呼ばれるエンスージアスト向けプロセッサー「インテル® Core™ i9-7900X X プロセッサー」は、10 コア/ 20 スレッド、3.3GHz/tb4.3GHz の HEDT (HighEnd DeskTop:超高速デスクトップ) プロセッサーで、オーバークロックにも対応しています。

「インテル® Core™ i9-7900X X プロセッサー」は、デュアル・チャネル DDR4-2666 メモリ、最大 44 レーンの PCI Express に対応しています。

Skylake X は、既存の Skylakeと比べ,1 コアあたり L2 キャッシュ容量が従来の 256KB から 1MB へと 4 倍増加しています。レイテンシの少ない L2 キャッシュが増加することで、並列処理の性能が大きく向上します。


DDR4-2666 メモリ

DDR4-2666 メモリ 64GB を標準採用

最新の DDR4 メモリで、最大 2,666MT/s の高速化を実現しています。また、4 スロットで最大 64GB を実装できます。

4 スロット以上を利用することで、最大 4 チャンネルのメモリ帯域が利用でき、通信速度が向上します。


PCI-Express 3.0 x16 対応スロットを 4 基装備

Fatal1ty X299 Gaming K6

マザーボードには、アルミニウム合金製ヒートシンクを採用し、システム全体の性能がより安定する設定となっています。また、メモリ電源供給用に特別設計された新世代合金チョークは、耐電磁干渉性および耐熱性に優れた設計なので、マザーボードへの電源供給の安定性と信頼性が向上します。

高速な PCI-Express 3.0 x16 スロットには、グラフィック・ボードを最大で 4 枚 (x16/x4/x16/x8 モード) まで搭載できます。

また、グラフィック・ボードだけでなく、最新の NVMe SSD や RAID ボード、Optane メモリなどにもご利用いただけます。


Fatal1ty X299 Gaming K6 バックパネル

ギガビット 対応 LAN を 2 基装備

1000Base-Tは、カテゴリ 5e 以上のツイストペアケーブルを利用することで、物理層で最大 1,000Mbps の転送速度を持ちます。ケーブル長は最大で 100 メートルまで対応しています。

また、バックパネルには、USB3.1 Gen2 Type-A/C をそれぞれ 1 ポート、USB3.1 Gen1 Type-A を 4 ポート、USB2.0 を 4 ポート搭載しています。


パフォーマンスと耐久性に優れた 高耐久 SSD を標準採用

SAMSUNG X600 SSD

クリエイティブなソフトウェアなど、さまざまなコンピューティングアプリケーション向けに最適化されたサンディスク X600 に搭載された 3D NAND テクノロジーは、高速なシステム起動、すばやいアプリケーション応答、高速転送速度を発揮する、最大 560MB/s のシーケンシャルリード速度と 530MB/s のシーケンシャル書き込み速度を実現します。

信頼性の向上を図るためにセル間干渉の軽減に効果を発揮する、Western Digital 3D NAND テクノロジーを採用しています。1.75M 時間の MTTF(平均故障間隔)、最大 200 の TBW(書き込みテラバイト数)、 さらに複数のエラー訂正テクノロジーを備えたサンディスク X600 3D NAND SATA SSD は、今後長期にわたってデータを保護することが可能です。


MTBF:200 万時間の高耐久 HDD を標準採用

Western Digital Technologies WD Gold

Western Digital Technologies 社のデータセンター向け大容量 HDDである Gold シリーズを採用しています。高負荷で稼働するシステムのシームレスな統合、堅牢なデータ保護、最適なパフォーマンスを実現します。

システムを常時稼働しているなら、信頼性の高いドライブは長期間の信頼性を維持するために必須です。デスクトップ用ドライブは 24 時間 365 日常時稼働向けには作られていませんが、WD Gold ハードディスク・ドライブはこうした条件に基づき設計されています。


8 基の 3.5 インチ・シャドウ・ベイを装備

FD-CA-ARC-R2-BL-W

最大 8 基の 3.5 インチ・ストレージを搭載でき、マウンターを利用することで 2.5 インチ・ストレージも搭載可能です。また、最大 2 基の 2.5 インチ・ストレージを搭載可能です。

DVD ドライブなどで利用する 5.25 インチ・ベイも 2 基装備しています。


700W 80 Plus Gold 認証電源を標準装備

80 Plus Gold 認証

コンピューターやサーバーの電源が 20% ~ 100% の負荷環境下において、電源交換効率 80% 以上がスタンダードという基準に対して、80 Plus Gold は、90% 以上 (50% 負荷時)、87% 以上 (20, 100% 負荷時) の効率性を発揮する電源ユニットを標準採用しています。

電力変換効率の向上した電源ユニットは、発熱の減少によって冷却ファンの回転数の低下による静音化や電子部品の劣化低減が可能になり、コンピュータの快適性や省電力性の向上と同時に製品寿命も伸びます。