Applied BTO

大学・官公庁・研究機関様向け

HPCモデルは、GPUを利用したDeepLearningやプロセッサーを利用した科学技術計算などの最先端の研究分野に最適化した専用モデルから、グラフィック処理に最適なQuadroグラフィックを採用したモデルなどをラインナップしています。
科学技術計算やその他の研究分野で多く使われているLinux OSの動作を検証済みで、Deep Learningモデルでは各種フレームワークやライブラリをセットアップしています。

DeepLearningモデル

研究分野でここ数年、最も注目を浴びているのがディープラーニングです。ディープラーニング(深層学習)は、人工知能を実現するための機械学習の手法の1つですが、特にニューラルネットワークという人間の脳の神経回路の仕組みから着想を得た機械学習モデルを更に発展させて多層構造としたニューラルネットワークを使った機械学習の手法を指します。
ニューラルネットワークという機械学習アルゴリズムは古くから存在していたのですが、極めて高い計算処理性能が必要だったこともあり、これまで機械学習の主流ではありませんでした。そんなニューラルネットワークやディープラーニングがここ数年で一気に脚光を浴びることとなった背景の1つにあるのが、GPUコンピューティングの存在です。GPUコンピューティングの登場とその後の技術的進歩により、比較的安価に高速演算処理を行える環境が整ったことによって、実用に耐える時間での処理が可能になったこともあり、現在では、ディープラーニングは画像認識などの分野で急速に実用化され始めています。

ディープラーニングの主な活用分野
自動車 自動運転、運転支援など
医療 医療画像診断支援など
ロボット 感情表現など
不動産 物件価格査定など
農業 作物生産予測など
製造業 品質管理など
IT産業 Web解析、コメント解析など
ゲーム AlphaGoなど

DeepLearningモデル ラインナップ一覧はこちら

科学技術計算向けワークステーション

CentOS 6.x&7.x

Red Hat系に属するLinuxディストリビューション。
CentOSは、主にサーバー用途で使われることが多いディストリビューションです。
Webサーバーやメールサーバー、ファイルサーバーやその他システム用サーバーとしての利用が多いですが、デスクトップ用途で採用される場合もございます。
商用のRed Hat Enterprise LinuxのクローンOSという位置付けなので、長期のセキュリティフィックスのサポートが提供されており、安定動作にも定評があります。

Ubuntu 16.04LTS / 18.04LTS

Debian系に属するLinuxディストリビューション。
Ubuntuは主にデスクトップ用途で使われることが多いディストリビューションです。
Ubuntuには、バージョンによってLTS(Long Term Support、長期サポート)版が提供されており、通常バージョンがリリースから6か月のサポート期間なのに対し、リリースから5年間のサポートが提供されています。

オープンソースであるLinuxは、どんなパソコンにも簡単にインストール可能だと思われる方もいらっしゃいますが、実際にはそうでもありません。対応していないパソコンにインストールしようとした場合、次のようなことが起こることも少なくないのです。
・音が出ない
・画面の解像度が低い
・Wi-Fiが使えない
・LANが使えない
・そもそもOSのインストールが進まない など

別途ドライバーを当てたり、設定を調整したりすることによって問題が解消する場合もありますが、簡単にはどうすることも出来ない場合も多々あります。特に最新のチップセットを使ったパソコンでは、色々と問題が起きやすい傾向にあります。 そこで、アプライドのワークステーションやデスクトップ向けLinuxモデルでは、CentOSやUbuntuを中心に動作検証を行ったモデルを展開しています。動作検証済みなので、Linuxを使いたいとお考えのお客様に安心して導入頂けるモデルとなっています。 また、これらOSの出荷時インストール作業代行サービス(有償)も行っていますので、届いたらすぐに使い始めることが可能です。 CentOSやUbuntu以外のディストリビューションについても、別途お気軽にご相談ください。

科学技術計算向けワークステーション ラインナップ一覧はこちら