製品特徴

Deep Learning 専用ワークステーション

ディープラーニングとは、CUDA を使った深層学習研究、多層構造のニューラルネットワークを用いた機械学習の手法の 1 つです。インプットした情報が第 1 層からより深い層に次々と伝達される間に各層で学習が繰り返されて、その過程で特徴量が自動で計算されていくことで、パターンの認識精度が向上するなど、様々な問題の解決に繋がると期待されています。

GPGPU シリーズの中でも Deep Learning 向けモデルは、Deep Learning 向けに最適化された OS、フレームワーク、ライブラリをあらかじめインストールしており、深層学習を意識した専用モデルとなります。

■ライブラリ&フレームワーク

1)nVIDIA DIGITS

2)Tensor-Flow - Python

3)Chainer - Python

4)NV-Caffe - Python

5)Torch - Lua

6)OpenCV Use CUDA

7)cuDNNライブラリ

8)NCCL

9)FFmpeg

10)Oracle-JAVA8

11)CUDAプロ

シングル・プロセッサー搭載
静音仕様ワークステーション

開発コードネーム Broadwell-E と呼ばれるアーキテクチャで設計された「インテル® Core™ i7 プロセッサー」を 採用したディープラーニング向けワークステーションです。オプションで、「インテル® Xeon® E5 V4 プロセッサー」にカスタマイズも可能です。

計算用 GPUと NVIDIA® GeForce® GPU を最大で 3 基、プロセッサーは最大 1 基、メモリは DDR4-2400 を最大 128GB、ストレージは最大 5 基を搭載することが可能です。

PCI-Express 3.0 対応スロットを 7 スロット装備しており、グラフィックや NVMe SSD などの拡張カードを増設可能です。

NVIDIA® GeForce® GPU ボード | 最大 3 基

インテル® Core™ i7 / Xeon® E5 V4 プロセッサー | 最大 1 基

DDR4-2400 メモリ対応 (Xeon® 場合、Registered-ECC 対応)

最大 128GB メモリ対応 (LR-DIMM:512GB)

高速 SSD SUMSUNG 850EVO シリーズ | システム用

高耐久ストレージ WD Gold シリーズ | データ用

1,00W 80 Plus Platinum 認証取得電源

Gigabit Ethernet LAN | 2 基

Pascal アーキテクチャ・ボード
NVIDIA® GeForce® シリーズ 1 基採用

標準仕様では、NVIDIA® GeForce® GTX1080 を1 基搭載しています。最新の NVIDIA Pascal™ アーキテクチャを採用した GeForce® GTX1080 GPU を搭載し、1GPU あたり 2560 基の CUDA コアと 8GB の高速メモリによって、より忠実度の高い複雑な視覚効果を行うことが可能です。

GPU (計算用) ボードは、最大で NVIDIA® GeForce® GTX1080Ti を最大 3 枚 (その際は表示用を兼用) までのカスタマイズが可能です。


※画像はイメージ画像で、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

インテル® Core™ i7 プロセッサーを採用 (Broadwell-E)

アンロックされ、無限の可能性を秘めた究極のプロセッサーによって、ゲームを完璧にコントロールできます。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0、インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー、そしてオーバークロックなど、最新機能の組み合わせによって、インテル® Core™ i7 プロセッサー エクストリーム・エディションは柔軟性と高性能を同時に実現します。

このラインナップには、拡張された 6 コアのプロセッサーや、高い柔軟性と圧倒的に強力な体験を実現する 8 つの専用コアを備えたインテル初のデスクトップ向けプロセッサーも含まれます。比類のない PC パフォーマンスを求めるユーザーにとって、このプロセッサーは究極の武器となります。インテルのテクノロジーを超えるのは、あなた自身の想像力以外にありません。


※画像はイメージ画像で、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

最大 256GB の DDR4-2400 メモリに対応

標準仕様では、32GB の DDR4-2400 メモリを搭載しています。最大で 128GB までのカスタマイズも可能です。


Registered-ECC メモリを選択可能

プロセッサーにインテル® Xeon® E5 V4 プロセッサーを選択した場合には、Registered-ECC メモリを選択することが可能です。

Registered 機能は、信号を安定強化させる回路と、クロック信号のタイミングに合わせて出力します。微妙にずれた信号のタイミングを補正することで、メモリアクセス動作を安定して行えます。

ECC 機能は、メモリーのエラー訂正を行う機能です。誤った値を検出して訂正します。Non-ECC に比べ、より多くの冗長データを必要としますが、データの誤りが発生しても、システムを問題なく稼働させ続けることができます。


※画像はイメージ画像で、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

PCI-Express 3.0 対応スロットを 7 基装備

高速な PCI-Express 3.0 スロットは、グラフィック・ボードだけでなく、最新の NVMe SSD や Intel Optane SSD にご利用いただけます。

また、ご購入後に NVIDIA® Tesla® や GeForce® ボードを増設して、GPGPU による並列計算やディープ・ラーニング計算の処理速度を向上させることも可能です。


※画像はイメージ画像で、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

Gigabit Ethernet 対応 LAN を 2 基装備

1000Base-Tは、カテゴリ 5e 以上のツイストペアケーブルを利用することで、物理層で最大 1,000Mbps の転送速度を持ちます。最大のケーブル長は100メートルまで対応しています。


※画像はイメージ画像で、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

パフォーマンスと耐久性に優れた
SAMSUNG 850 EVO
SSD を採用

TurboWrite テクノロジーにより、連続書き込み速度は最大 520 Mb/s に向上し、 連続読み出し速度は 540 Mb/sを実現しました。さらに RAPID モードでは、 未使用の PC メモリをキャッシュストレージとして利用することで、 システムのデータ処理速度を最大 2 倍に高速化させています。

セキュリティ保護のため、AES 256 ビットハ ードウェア暗号化エンジンが搭載されていますが、これにより、暗号化処理によるパフォー マンスの低下を引き起こすことはありません。このエンジンは、IEEE® 1667、TCG™ Opal と いった高度なセキュリティ管理ソリューションに準拠しています。 また、ダイナミック サーマル ガードによって過熱から保護します。

NVMe SSD へのカスタマイズに対応


※画像はイメージ画像で、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

データ用ストレージ
MTBF:200 万時間の高耐久 HDD を採用

Western Digital Technologies 社のデータセンター向け大容量 HDDである Gold シリーズを採用しています。高負荷で稼働するシステムのシームレスな統合、堅牢なデータ保護、最適なパフォーマンスを実現します。

システムを常時稼働しているなら、信頼性の高いドライブは長期間の信頼性を維持するために必須です。デスクトップ用ドライブは 24 時間 365 日常時稼働向けには作られていませんが、WD Gold ハードディスク・ドライブはこうした条件に基づき設計されています。

SSD / NVMe SSD へのカスタマイズに対応


※画像はイメージ画像で、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

複数台のストレージを搭載して、RAID システムを構築することが可能です。RAID は、0/1/5/10 に対応しています。

HDD / SSD ともに、万が一の故障の際にも安心な「データ復旧サービス・パック」付きストレージを選択可能です。

最大 5 基のストレージ・ベイを装備

最大 5 台の高耐久ストレージを内蔵でき、マウンターを利用することで 2.5 インチの SSD も搭載可能です。

DVD ドライブなどで利用する 5.25 インチ・ベイも 4 基装備しています。


※画像はイメージ画像で、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

高電源交換効率
1,000W 80 Plus Platinum 認証取得電源

コンピューターやサーバーの電源が 20% ~ 100% の負荷環境下において、電源交換効率 80% 以上がスタンダードという基準に対して、80 Plus Platinum は、90% 以上 (20% 負荷時)、92% 以上 (50% 負荷時)、89% 以上 (100% 負荷時) の効率性を発揮する電源ユニットを標準採用しています。

電力変換効率の向上した電源ユニットは、発熱の減少によって冷却ファンの回転数の低下による静音化や電子部品の劣化低減が可能になり、コンピュータの快適性や省電力性の向上と同時に製品寿命も伸びます。

※画像はイメージ画像で、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。