アプライド

Windows7の
サポート終了対策
セキュリティ強化セミナー

迫るWindows7のサポート終了!
今、企業組織に求められる必要な情報セキュリティ対策とは何か?

主催:アプライド株式会社
特別協賛
日本マイクロソフト株式会社
テックウインド株式会社

継続的に最新化されるITインフラへの移行問題

2020 年 1 月 14 日 には Windows 7 の延長サポートが終了します(以後:EOS(エンドオブサービス))。サポートが終了することで、セキュリティ更新プログラムの提供や、仕様変更、新機能のリクエストなどがマイクロソフトより受けられなくなります。サポートが終了した PC を使い続けることは、たいへん危険なのですが、『まだ使えるから変えなくてもいいんじゃないか?』「使っているアプリケーションがWindows 10に対応しているから、容易に移行できるだろう」と考えている企業が多いのも事実です。しかし、それは間違いです。

Windows 7EOSによって起こる課題

受けられなくなるサポート

仕様変更や新機能のリクエスト、セキュリティの更新、プログラムなど、マイクロソフトが提供する重要な更新を含むすべてのサポートが受けられなくなります。

既存システムとの互換性が心配

今まで通り動くのか、OSのアップデート毎にシステム更新しなければいけないのは大変だ。

データ移行が面倒

データやアプリケーションの移行と、それに伴う設定の変更などが必要だが、ライセンスの問題などはないのだろうか?

企業は、顧客・市場・取引先・財務・技術・人事などの保護すべき情報を数多く保有しており、企業が保有する情報を管理する情報システムは、企業活動にとってなくてはならない存在となっています。

その一方で、クラウド化・グローバル化、複雑化などのITの目覚ましい進化により、情報システムへの不正アクセスのリスク、システム障害のリスクも高まっています。昨今では、業種・規模を問わず多くの企業で種々の情報が漏えいする事案が発生していることからも、その影響は測り知れません。このような状況の中、情報セキュリティ対策は企業の社会的責任となっています。

サポート終了後のパソコンを使い続けることによるリスク

マルウェアへの感染
フィッシング詐欺
なりすましの被害
個人情報漏洩の危険性

これらの課題を解決するための方法をご提案

そこで本セミナーでは、Windows 7 EOSに伴う情報セキュリティ対策の重要性と、
その管理体制強化のために講ずるべき具体的な措置について説明を行います。

■ セミナー情報

開催日 2018年9月19日(水)
開催時間 14:00~17:30 (受付開始13:20)
対象者 従業員100名以下の企業様向け
定員 30名程度
会場 JR博多シティ会議室 10F (I+J会議室)
〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1番1号
主催 アプライド株式会社
特別協賛 日本マイクロソフト株式会社  テックウインド株式会社

■ セミナーアジェンダ

14:00~14:10 開演の挨拶
アプライド株式会社
14:10~14:55 Windows10への移行とセキュリティ日本マイクロソフト(株)佐藤様
14:55~15:15 軽量、堅牢、最大27時間の長時間駆動、モバイルノートの便利さを追求したLGの最新ノート「Gram」法人モデル株式会社アーキサイト 齋藤様
15:30~16:10 進化するセキュリティの脅威から組織を守るにはキャノンマーケティングジャパン株式会社 中西様
16:10~16:30 先進テクノロジーとそれらを支えるMSI構成のノートPCその意外な使い方とは…エムエスアイコンピュータージャパン株式会社 中原様
16:35~16:55 Windows10への移行支援サービス/製品紹介アプライド株式会社 製品担当者
16:55~17:30 交流会

■ 会場へのアクセス

JR博多シティ会議室 10F (I+J会議室)
〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1番1号

JR博多シティ周辺図

※画像をクリックすると拡大されます

JR博多シティ会議室10Fフロア図

※画像をクリックすると拡大されます

お申込みフォーム

お申込み受付は終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

次回、大阪会場・名古屋会場・東京会場での開催を予定しております。