Applied BTO

大学・官公庁・研究機関様向け

CERVO Phi Type-7250

CERVO Phi Type-7250


CentOS 6x/7x、Ubuntu16.xx LTS に対応

CentOS 6x

「CERVO Phi Type-7250」は、OS 非搭載モデルです。オプションで、CentOS 6x/7x、Ubuntu16.xx LTS などの Linux のインストール代行も行っております。その他の OS については、営業担当者までお問い合わせ下さい。

Linux OS は、ディストリビューションやバージョンにより、最新のハードウェアへの対応が異なるため、ドライバーの対応などのハードウェアの動作確認が必要不可欠になります。「CERVO Phi シリーズ」では、安定してご利用いただけるように、全機種動作確認済みです。また、開発環境のインストールを行った場合は、サンプルのビルド、実効により動作確認を行っております。


通常のハードウェア・ソフトウェア検証に加え、Linux 専用の動作確認項目でチェックしております。

ご利用予定のアプリケーションがある場合、アプリケーションのサポートしているディストリビューション、バージョンをご選択ください。また、サポート期間や開発環境・ライブラリー等のバージョン等もご確認ください。

1)プロセッサー・コアの認識、命令のサポート確認
2)大容量メモリーの認識、動作確認
3)USB 3.0 の動作確認
4)LAN ドライバーの確認、ネットワークテスト
5)RAID ドライバーの確認、管理ユーティリティーによる動作確認
6)グラフィックドライバーの動作、インストール

インテル® Xeon® Phi™ プロセッサー 7250 を標準採用

インテル® Xeon® Phi™ プロセッサー

インテル® Xeon Phi™ プロセッサーは、強力な並列化およびベクトル化によって、最も要求の厳しいハイパフォーマンス・コンピューティング・アプリケーションに対応する起動可能なホスト・プロセッサーです。この電力効率に優れた統合アーキテクチャーは、比較対象のプラットフォームと比べて、消費電力当たりで大幅に高いコンピューティング性能を実現し、総保有コストを改善します。1 メモリーとファブリックの統合により、メモリーの壁を打ち破り、コストを削減し、最大の課題を迅速に解決できるよう支援します。


DDR4-2400 メモリ

DDR4-2400 メモリ 48GB を標準採用

最新の DDR4 メモリで、最大 2,400MT/s の高速化を実現しています。また、6 スロットで R-DIMM の場合は最大 384GB を実装できます。

Registered-ECC 機能に対応

Registered 機能は、信号を安定強化させる回路と、クロック信号のタイミングに合わせて出力します。微妙にずれた信号のタイミングを補正することで、メモリアクセス動作を安定して行えます。

ECC 機能は、メモリーのエラー訂正を行う機能です。誤った値を検出して訂正します。Non-ECC に比べ、より多くの冗長データを必要としますが、データの誤りが発生しても、システムを問題なく稼働させ続けることができます。


インテル® C612 チップセット (高耐久メインボード)

MBD-K1SPE-B

高速な PCI-Express 3.0 スロットは、を最大で 2 枚まで搭載できます。


MBD-K1SPE-B

ギガビット 対応 LAN を 2 基装備

1000Base-Tは、カテゴリ 5e 以上のツイストペアケーブルを利用することで、物理層で最大 1,000Mbps の転送速度を持ちます。ケーブル長は最大で 100 メートルまで対応しています。


750W 80 Plus Gold 静音仕様電源を装備

80 Plus Gold 認証

コンピューターやサーバーの電源が 20% ~ 100% の負荷環境下において、電源交換効率 80% 以上がスタンダードという基準に対して、80 Plus Gold は、90% 以上 (50% 負荷時)、87% 以上 (20, 100% 負荷時) の効率性を発揮する電源ユニットを標準採用しています。

電力変換効率の向上した電源ユニットは、発熱の減少によって冷却ファンの回転数の低下による静音化や電子部品の劣化低減が可能になり、コンピュータの快適性や省電力性の向上と同時に製品寿命も伸びます。