CERVO Rapid Type-TowerX9

製品特徴

Windows® 10 Pro 64bit

Windows® 10 Pro 64bit を標準採用

「CERVO Rapid Type-TowerX9」は、Windows® 10 Pro 64bit 搭載モデルです。オプションで、Windows® 10 Home 64bit や英語 OS もご選択いただけます。

Windows® 10 はスタート メニューなど、Windows® 7 と共通する点が多く、すぐに慣れて簡単にご利用いただけます。起動と再開にかかる時間が短縮されているだけでなく、お客様の PC を絶えず保護するために、強固なセキュリティ機能が搭載されています。また、現在お使いのソフトウェアやハードウェアに対応するように配慮されています。

1)ドメイン参加
2)強化された暗号化
3)リモート接続
4)仮想マシン
5)専用アプリ

本モデルは、インテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー (Broadwell E) を搭載しています。Windows® 10 Pro/Home 64bit だけでなく、CentOS 7.x 64bit / Ubuntu 16.xx LTS 64bit にも対応しています。

HEDT 版「インテル® Core™ i9 X プロセッサー (Skylake X)」を採用したミドル・タワー型モデル

開発コードネーム Skylake X と呼ばれるアーキテクチャで設計されたエンスージアスト向けプロセッサー「インテル® Core™ i9 X プロセッサー」を採用した Windows® 10 Pro 64bit 搭載パソコンです。また Windows® 10 Home 64bit、CentOS 7.x 64bit / Ubuntu 16.xx LTS 64bit もインストールできます。

メモリーは DDR4-2666 を最大 128GB、ストレージは 3.5 インチ・ストレージ を最大 7 基 (マウンタを利用して、2.5 インチ・ストレージも搭載可能)、M.2 SSD (SATA/NVMe) を最大 2 基まで搭載できます。

PCI-Express 3.0 対応スロットを 4 スロット装備しており、グラフィックや NVMe SSD などの拡張カードを増設できます。

CERVO Rapid Type-TowerX9 筐体

インテル® Core™ i9 X プロセッサー (Skylake X)

最大 128GB メモリ | DDR4-2666 対応

最大 12TB SATA3 HDD 対応 | 最大 1TB SATA SSD 対応

5.25 インチ:2 基 | 3.5 インチ・シャドウ:7 基

M.2 SSD (SATA/NVMe):2 スロット

NVIDIA® Quadro® グラフィック・カード

PCIe 3.0 x16:4 スロット | PCIe 2.0 x1:1 スロット

IEEE 802.11a/b/g/n/ac | Bluetooth 4.2 / 3.0

1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T | 1 ポート

80 Plus Platinum 認証電源

3 年間センドバック方式ハードウェア保証

インテル® Core™ i9 X シリーズ (Skylake X)

インテル® Core™ i9-7900X プロセッサーを標準採用

開発コードネーム Skylake X と呼ばれるエンスージアスト向けプロセッサー「インテル® Core™ i7-7900X プロセッサー」は、10 コア/ 20 スレッド、3.3GHz/tb4.3GHz の HEDT (HighEnd DeskTop:超高速デスクトップ) プロセッサーで、オーバークロックにも対応しています。

「インテル® Core™ i7-7900X プロセッサー」は、クアッド・チャネル DDR4-2666 メモリ、最大 44 レーンの PCI Express に対応しています。

Skylake X は、既存の Skylakeと比べ,1 コアあたり L2 キャッシュ容量が従来の 256KB から 1MB へと 4 倍増加しています。レイテンシの少ない L2 キャッシュが増加することで、並列処理の性能が大きく向上します。


※画像はイメージで、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

DDR4-2666 メモリ 64GB を標準採用

最新の DDR4 メモリで、最大 2,666MT/s の高速化を実現しています。また、8 スロットで最大 128GB メモリを実装できます。

4 スロット以上を利用することで、最大 4 チャンネルのメモリ帯域が利用でき、通信速度が向上します。


※画像はイメージで、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

DDR4-2666 メモリ
CERVO Rapid Type-TowerX9 マザーボード

PCI-Express 3.0 対応スロットを 4 基装備

高速な PCI Express 3.0 スロットは、NVIDIA® GeForce® や Quadro® などの GPU ボードを増設して、グラフィック性能を強化することもできます。GPU ボードは、最大で 4 枚 (x8/x8/x16/x8) まで搭載できます。

また、GPU ボードだけでなく、最新の NVMe SSD や Intel® Optane SSD にご利用いただけます。


※画像はイメージで、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

Gigabit Ethernet 対応 LAN を 2 基装備

1000Base-Tは、カテゴリ 5e 以上のツイストペアケーブルを利用することで、物理層で最大 1,000Mbps の転送速度を持ちます。ケーブル長は最大で 100 メートルまで対応しています。


※画像はイメージで、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

CERVO Rapid Type-TowerX9 バックパネル
CERVO Rapid Type-TowerX9 WLAN

デュアルバンド 802.11ac WiFi を標準装備

ネットワークには、2 ポートの有線ギガビット・イーサーネットに加え、802.11ac WiFi (2.4G / 5G WiFi) モジュールが搭載されており、最大 443Mbps の高速無線接続に対応しています。

また、ワイヤレスネットワークに加え、Bluetooth 4.2 / 3.0 のハイスピードクラスⅡ に対応しています。


※画像はイメージで、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

セキュリティ・チップ (TPM) を標準装備

TCG (Trusted Computing Group) で定義されたセキュリティの仕様に準拠したセキュリティ・チップ (TPM:Trusted Platform Module) を標準で搭載しています。

セキュリティ・チップは、OS や他のハードウェアから独立して機能するため、外部からの攻撃にも強く、従来は ストレージやフラッシュメモリに格納していた認証に用いる暗号キーなどの情報を安全に格納・管理することが可能です。Windows OS (一部除く) の「BitLocker」による暗号化システムのキーとして TPM をご利用いただけます。


※画像はイメージで、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

セキュリティ・チップ (TPM)

TPM は各コンピュータ固有のもので、取り外すと、そのコンピュータは起動できなくなります。例えば、ハードディスクを取り外して、他のコンピュータでデータを読み込むこともできません。USB メモリによる暗号化キーも組み合わせることで、その USB をコンピューターに接続してなければ、OS を起動できなくすることも可能です。

<BitLockerドライブ暗号化に対応したWindows>

・ Windows Vista Ultimate/Enterprise
・ Windows 7 Ultimate/Enterprise
・ Windows 8/8.1 Pro/Enterprise
・ Windows 10 Pro/Enterprise/Education

次世代高速ストレージ M.2-SSD (NVMe) 500GB を標準採用

SATA インターフェースよりも広帯域で低レイテンシの PCIe® Gen 3 x4 レーンをサポートする NVMe ネイティブの SSD です。最大 3,200/1,800 MB/s のシーケンシャル R/W (リード/ライト) 速度と、最大 380/360K IOPS のランダム R/W 速度を体験できます。また、新しい Intelligent Turbowrite テクノロジーが書き込み速度をさらに加速させます。

優れたパフォーマンスというものは、速度だけで判断すべきではありません。パフォーマンスを維持できる期間も重要になります。最大 200TB まで書き込み保証値を引き上げることにより、パフォーマンスを維持します。また、ダイナミック サーマル ガードによって過熱を防ぎ、データを保護し、最適な応答性を実現します。

※画像はイメージ画像で、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

新たにアップグレードされた高度なソフトウェアソリューションである Magician を使用して、960 EVOを管理、監視、および保守できます。Magician は、個々のユーザーのドライブに合わせてパーソナライズされたファームウェアチェックなどの追加機能を提供します。ファームウェアのアップデートも自動的に行うため、ドライブのパフォーマンスを常に最新の状態に保つことができます。

HDD / SSD ともに、万が一の故障の際にも安心な「データ復旧サービス・パック」付きストレージを選択可能。

3 年間で最大 3 回までの復旧サービスが、無料で利用可能。

耐久 HDD 2TB をデータ用ストレージとして標準採用

Western Digital Technologies 社のデータセンター向け大容量 HDDである Red シリーズを採用しています。高負荷で稼働するシステムのシームレスな統合、堅牢なデータ保護、最適なパフォーマンスを実現します。

システムを常時稼働しているなら、信頼性の高いドライブは長期間の信頼性を維持するために必須です。デスクトップ用ドライブは 24 時間 365 日常時稼働向けには作られていませんが、WD Red ハードディスク・ドライブはこうした条件に基づき設計されています。

※画像はイメージ画像で、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

データ用ストレージは、さらに高耐久な Western Digital Technologies 社の Gold シリーズ 最大 12TB にカスタマイズ可能です。ストレージ用の内蔵ベイは、合計 7 基を装備しています。

データ用ストレージを複数搭載して、RAID システムを構築することが可能です。RAID は、0/1/5/10 に対応しています。

CERVO Rapid Type-TowerX9 3.5 インチ・シャドウ・ベイ

7 基の 3.5 インチ・シャドウ・ベイを装備

最大 7 基の 3.5 インチ・ストレージを搭載でき、マウンターを利用することで 2.5 インチ・ストレージも搭載可能です。また、最大 2 基の M.2 SSD (SATA/NVMe) を搭載できます。

DVD ドライブなどで利用する 5.25 インチ・ベイも 2 基装備しています。


※画像はイメージで、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

最大 4 画面を利用可能な
NVIDIA® Quadro® P600 を標準採用

NVIDIA® Quadro® P600 は、最新の NVIDIA Pascal™ アーキテクチャを採用した Quadro® P600 GPU を搭載し、384 基の CUDA コアと 2GB の高速メモリによって、より忠実度の高い複雑な視覚効果を行うことが可能になりました。Mini DisplayPort 1.4 コネクタを 4 系統搭載し、4K 解像度でモニター 4 画面出力など、コンパクトながら柔軟な接続が可能になります。

さらにカスタマイズで、NVIDIA® Quadro® GP100 16GB まで選択でき、最大で 4 画面を利用できます。


※画像はイメージ画像で、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。

NVIDIA® Quadro® P600 4 画面表示

シェーダーモデル 5.1 に準拠し、OpenGL4.5、DirectX12 をサポートします。既存のアプリケーションの互換性の他、今後リリースされる最新アーキテクチャを利用したアプリケーションにも備えられます。

4 系統の Mini DisplayPort 1.4 対応コネクタを搭載し、ケーブル 1 本の接続で 5120×2880@60Hz での表示が可能です。またケーブル 2 本の接続で 7680×4320@60Hz、4 本では 7680×4320@120Hz までサポートします。高い描画性能と大容量メモリを生かし、柔軟性の高い表示を可能にします。

80 Plus Platinum 認証

650W 80 Plus Platinum 認証電源を標準採用

コンピューターやサーバーの電源が 20% ~ 100% の負荷環境下において、電源交換効率 80% 以上がスタンダードという基準に対して、80 Plus Platinum は、90% 以上 (20% 負荷時)、92% 以上 (50% 負荷時)、89% 以上 (100% 負荷時) の効率性を発揮する電源ユニットを標準採用しています。

電力変換効率の向上した電源ユニットは、発熱の減少によって冷却ファンの回転数の低下による静音化や電子部品の劣化低減が可能になり、コンピュータの快適性や省電力性の向上と同時に製品寿命も伸びます。


※画像はイメージで、実物とは異なる場合があります。
※採用している部材は、予告なく変更する場合があります。