Applied BTO

大学・官公庁・研究機関様向け

CERVO Deep シリーズ

Ubuntu16.04 LTS 搭載モデルの概要

フレームワーク・ライブラリ

  • nVIDIA DIGITS
  • Tensor-Flow
  • PyCUDA
  • cuDNN
  • Python
  • CUDA Toolkit 8.0 or 9.1(選択)
  • NV-Caffe
  • Keras
  • Theano
  • NCCL2
  • Oracle-JAVA8
  • Torch
  • Chainer
  • OpenCV Use CUDA
  • FFmpeg
インストールしたばかりのOSにDeepLearning用のセットアップを1から行うのは非常に時間と手間のかかる作業です。また、フレームワークやライブラリのバージョンの違いによって正常に動作しない場合もあり、可能な限り最新のものを使いつつ整合性の取れた組み合わせでセットアップを行うのは至難の業です。

環境構築済みで届いたその日から

アプライドのCERVO Deepシリーズは、出荷時にディープラーニング環境を構築済みなので、届いたその日から研究・開発に着手することが可能です。付属のシステムマニュアルには、代表的なフレームワークライブラリのサンプルプログラムの動作確認手順も記載されているので、ディープラーニングが初めての方にも安心です。
GPUボードからモデルを選ぶ
ラインナップ一覧からモデルを選ぶ

HPC 製品のハードウェア選定に関するご相談窓口

お問い合わせ窓口(メール)

24時間365日受け付けており、受付後に受信完了メールを送信いたします。ご回答は翌営業日(土日祭日を除く)以降になる場合がございます。

お問い合わせ窓口(TEL)

平日午前10時から12時、午後1時から5時まで受け付けております。混雑している場合は、メールフォームでお問い合わせ下さい。担当者からお電話いたします。