Applied BTO

大学・官公庁・研究機関様向け

CERVO SERVE シリーズ

スモール・ビジネス向けサーバー | CERVO SERVE シリーズ

「CERVO SERVE シリーズ」は、インテル® Xeon® E シリーズを搭載した「スモール・ビジネス」向けサーバーです。サーバーを構成する部材は、全て「高耐久」「高品質」仕様で、標準で 3 年間のセンドバック方式ハードウェア保証となっています。標準で「データ復旧サービス・パック 3 年版」に対応しているため、万が一ストレージの故障が発生した場合でも、1年に1回まで無償でデータ復旧サービスを利用できます。(データ復旧を保証するものではありません。)また、国内の自社工場で生産して、標準で 12 時間、無償カスタマイズで 72 時間のエージング検査を行うこともできます。

全機種 IPMI 機能を搭載しており、専用ソフトで電源管理や BIOS アップデータなので作業ができます。有償オプションで上位版にアップグレードも可能で、クライアント端末から電源監視・FAN 監視・温度監視やイベントログの確認などができます。

オペレーティング・システムには、Windows® 10 / Server 2016 はもちろんのこと、Linux (Ubuntu/CentOS/Redhat) にも対応しています。Linux は各ディストリビューションやバージョンごとに動作検証を行っていますので、製品到着後に安心してご利用いただけます。本シリーズの対応ディストリビューションやバージョン 以外の OS についても、有償で動作検証を行ってご提供することもできます。弊社では、ハードウェアの安定動作のみならず、Linux OS や 開発環境の動作を代行して、高品質・安定動作する HPC 専用ワークステーションをご提供しています。


CentOS 7.x 64bit

「Red Hat Enterprise Linux」との完全互換を目指したフリーの Linux ディストリビューションです。「BTO Linux シリーズ」では、CentOS 7.x 系を標準採用しています。(6.x 系は非対応となります。)

Ubuntu 18.04 LTS

Debian GNU/Linux をベースに開発されたフリーの Linux ディストリビューションです。科学技術計算分野のソフトウェアやライブラリが豊富で、Deep Learning 分野でも利用されており、Ubuntu 18.xx/16.xx LTS 64bit に対応しています。

Redhat

レッドハット社が提供する信頼性の高い有償の Linux OSです。また、有償のサブスクリプション契約で、製品保証やサポート・サービスを受けることができます。

Windows® 10 Pro 64bit

マイクロソフト社の有償 OS である Windows® 10 Pro/Home 64bit にも対応しています。また、サーバー用途向けの Widows® Server 2016 にも対応しています。


インテル® Xeon® E シリーズ・プロセッサーを標準採用

インテル® Xeon® E シリーズ・プロセッサー

インテル® Xeon® E シリーズ・プロセッサーは、スモール・ビジネスに最適なエントリー・サーバー向けプロセッサーです。従来の Xeon® E3 シリーズ・プロセッサーの後継製品にあたり、ECC メモリに対応するなどの小規模なサーバー向け機能を持ち合わせたプロセッサーです。

最大 64GB の DDR4-2666 メモリや 最大 6 コア / 12 スレッドに対応するなど、従来製品に比べ 1.36 倍の高速化を実現しています。4K UHD 対応で HEVC 10 ビットエンコード/デコード機能付きの GPU「Intel UHD Graphics 630」を内蔵します。Intel C246 Series Chipset チップセットとの組み合わせで、最大 40 レーンのPCI Expressインターフェースが利用できます。また、OptaneメモリーやvPro、Ethernet、WiFiにも対応します。


インテル® Xeon® E プロセッサー 仕様一覧

インテル® Xeon® E プロセッサー 仕様一覧

開発コードネーム Coffee Lake と呼ばれるアーキテクチャで設計された「インテル® Xeon® E プロセッサー 仕様一覧」をご確認いただけます。

スモール・ビジネスを支える標準装備ソリューション

データ復旧サービス・パック 3 年版

「ストレージ故障やデータの誤消去、フォーマットなどで、失いかけているデータの復旧サービスを 3 年間 (3 回まで) ご利用頂くことができます。通常であれば、数十万円の費用が掛かる場合でも、本シリーズであれば復旧費用は必要ありません。

ストレージからファイルが読めなくなった場合でも、まだファイルの内容はそのままディスク内に残っています。ファイルが読めなくなった場合や消失した場合は、ただちにサーバーの利用を止め、ストレージに直接アクセスせずに、データ復旧サービスをご利用ください。重要なデータを保存するサーバーだからこそ、万が一の備えが大切です。


RAID 1 SSD

ストレージ構成は、標準で SDD を採用した RAID 1 (ミラーリング構成)になっています。SSD の高速読書と RAID 1 ミラーリングで、データの応答性能と冗長性を実現しています。

また、高耐久 HDD (MTBF:200 万時間) へのカスタマイズや ハードウェア RAID ボードを採用した RAID 5/6/10 などへのカスタマイズもできます。


システム管理統合ソフトウェア

Supermicro Update Manager(SUM)を標準で装備しています。マザーボードのファームウェアと設定を管理できます。SUM は集中管理用サーバーから、パラレルにコマンド実行が可能なコマンドラインインタフェース・ユーティリティです。管理用に2つのチャネルが利用可能:BMC/IPMIインタフェースを介した通信の OOB(Out-of-Band)チャネル、および、ローカルシステムインタフェースを介した通信のインバンドチャネル。OOB チャネルを利用すると、ほとんどの管理コマンドは、管理対象システムのOSとは独立して実行できます。SUM の詳細は、こちら をご確認ください。

有償オプションで、上位版の Supermicro Server Manager (SSM) にアップグレードできます。SSM の詳細は、こちら をご確認ください。

高品質を支える生産体制

国内自社工場(福岡市)で全モデルを生産

国内自社工場(福岡市)で全モデルを生産

オリジナル BTO パソコン・HPC 製品に使用する部材は、自社品質基準をクリアしたものだけを採用しています。高い性能と耐久性を求められる HPC 製品はもちろんのこと、一般事務などで利用される BTO パソコンについても、安心してご利用いただけるように、部材採用選定から製造まで、一貫して品質向上に努めています。また、部材メーカーや国内正規代理店とも、定期的な交渉を行っております。


業界標準の診断ツール「QuickTeck」による
品質検査へのこだわり

業界標準の診断ツール「QuickTeck」

アプライドの国内自社工場で生産されるパソコンはすべて、業界標準検査の「QuickTech Professional」による診断を行っています。CPU、Memory、HDD などコンピュータを構成する各ハードウェアに対し、実際に稼動しているときと同じ状態を作りだし、負荷をかけます。

それぞれのハードウェアに対し、個別の強力な診断プログラムが用意されています。 (※例えば、メモリの診断では定評あるメモリ診断アルゴリズム「Jump」をはじめ、6 種類の診断アルゴリズムを駆使してエラーを検出します。) こうして、ソフトウェア的に負荷をかけることにより、従来の診断ツールでは発見できなかったエラーの検出も可能になりました。

この「QuickTech Professional」で診断された結果を「診断書」として製品に添付いたします。これが、「品質合格の証」です。