2019年11月12日開催 HPC(AI・CAE)ソリューションセミナー開催

皆さんこんにちは SI福岡営業所です。
最近、かなり冷え込んできております。朝起きて、外に出るとかなり寒いと感じております。日中との気温差があるので、体調管理を気をつけてください。

2019年11月12日 13:00~ JR博多シティ会議室にて、ソリューションセミナーを開催いたします。

・研究開発に興味がある方
・AI・CAE開発に興味がある方
・最先端の製品に触れてみたい方
・最新の知識を研究したい方

今回は、100名予定/予約優先(先着順)となっておりますので、ぜひみなさん参加をお願いいたします。

講演の方は、

株式会社爆発研究所 (CAE 計算科学に関する最先端ソリューション)
高性能並列計算機を用いた数値流体シミュレーションは、爆発現象を理解するための強力なツールになります。
本講演では、オープンソース流体計算ソフトウェア「OpenFOAM」のソルバー開発と並列計算機の構築サービスを中心として、以下についてご紹介します。
弊社で開発しているOpenFOAMソルバーライセンス。
並列計算機のインストール、ソフトウェアサポートサービス。
並列計算機を使ったOpenFOAM数値シミュレーションのデモンストレーション。

サイバネットシステム株式会社 (CAEソリューションのご紹介)

構造解析や流体解析用ソフトウェアやビックデータソリューション、数値シミュレーションや実験、観測データの可視化ソフトウェアについてご紹介いたします。また、VRを使って可視化結果や設計データ(3D CADデータ)を活用する際の応用例とそのメリットなどについてもご説明いたします。

九州大学 藤澤教授 (AI・HPC及びサイバーセキュリティ等の最新技術)

近年では多種多様な AI のアルゴリズムとモデル、日々生成されるビッグデータ、複雑なモデルのパラメータサーチを短時間で解決する HPC 技術の組み合わせが大きなイノベーションを作り出しています。
このような物量によるイノベーションは GAFAなどに巨大な先行者利益をもたらすことになり、産業分野を問わずに今後の戦略策定が急務とされています。
さらに製造業やインフラ産業などにもこれらの動きが押し寄せており、現場のエッジ部分とクラウドを含めた全体システムのでセキュリティ確保も課題となっています。
本講演ではAI・HPC及びサイバーセキュリティ等の最新技術と今後の戦略策定に関する解説を行います。

ReNom 丸紅情報システムズ株式会社

AI画像識別の基本の基本と、プログラミングレスAIプラットフォーム“ReNom

品質カメラの発達に伴い製造現場での品質管理や、流通・店舗管理、交通・通行監視をはじめとして、AIを利用した画像識別の応用が増しています。従来、AI学習モデルの構築は高額な外部委託で、出来上がりはブラックボックスとなるケースが多くありました。
ここでは、AI専門技術者でなくても“プログラミングレス”で画像識別の構築が可能なGRID社の国産AIプラットフォーム“ReNom”を画像識別に応用した事例を、教師あり学習としてのAI画像識別や畳み込みニューラルネットワーク(CNN)の基本の基本と併せてわかりやすくご説明します。

ご予約/詳細は、こちらよりお願いいたします!!
http://www.applied.ne.jp/hpc_solution/

予約ご来場特典としてこちらをお渡ししております!!